Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

ストーリーサークルによる物語分析 天空の城ラピュタ

アメリカのアニメ、リック・アンド・モーティー (Rick and Morty)の作者である、アメリカ人作家、ダン・ハーモン(Dan Harmon)が提唱している物語構造ツールで、ストーリーサークルというものがあります。

「世の中の面白い物語は、このストーリーサークル的な構造を持っている」という仮説を立てて、物語の構造を分析したいと思います。

ストーリーサークルとはなにか

ストーリーサークルには8つのステップがあります。

秩序とケイオス
1、2そして7、8が日常パート。3、4、5、6が非日常パート。秩序だった日常から始まり、中盤からカオスな状況に突入していく。そして終盤に再び秩序を取り戻していく、という構成。

1.YOU – Establish the patagonist[s]

最初にすべき事は、見るに値すべき主人公を作り上げることです。どういった人物が主人公なのかを確立します。主人公は必ずしも1人というわけではなく、家族だったり、チームの場合もあります。

2.NEED – Something isn’t right

主人公が何を目的に動いているのかの動機づけを行います。どんな物語であれ主人公は目的を持たなければ行動を起こす理由がなくなってしまうからです。例えば人間にはお金や仕事、食事、愛などを欲する本能があります。

3.GO – Crossing the threshold

目的は人に行動を起こさせます。空腹であれば食事を手に入れる。愛に飢えていれば恋人を探しに。必要なものを手に入れるために主人公が行動を始めます。行動を積極的に起こすような活発な主人公や、行動を起こさざるを得ないくらいの目的が求められます。

4.SEARCH – The road  of trials

主人公が目的を達成するために何かを探索します。探しているのは物理的なものだけではありません。そして乗り越えなければならない障害がここで待ち受けていることになります。

5.FIND – Meeting the goddess

主人公は何かを発見します。ここが、主人公が英雄として何かに気づくポイントとなります。しかし良い物語においては、ここでは目的は達成されません。 そううまくはいかないものです。本当に必要だったものかもしれないけども、何か別のさらに重要なものが必要になることが判明するかもしれません。もしくは自分の弱点に気づいたのかもしれません。

6.TAKE – Paying the price

ここで主人公は目的を達成します。金を手に入れて食事にありつけたり、恋人と会えるかもしれません。

7.RETURN- Bring it home

主人公は日常を取り戻し、あるべき場所、あるべき姿へと帰還していきます。

8.CHANGE – Master of both world

様々な変化があります。主人公が変わる場合もあれば、周りの世界が変わることもあります。映画や長編作品の場合であれば両方でしょう。その変化によって世界は良い方向に変わったけども、主人公は最悪の方向に変わることもあります。主人公が何らかの代償を払ったことによって痛みを伴う変化を強いられる場合もあります。でもそれが良い物語を作る肝になります。

おとぎ話を例にした一番シンプルな物語分析
浦島太郎(You)は、いじめられている亀を助ける(Need)。助けたお礼として亀と一緒に龍宮城に行くことになる(Go)。海の中を進み(Search)、龍宮城を発見する(Find)。龍宮城で乙姫とどんちゃん騒ぎをし、お土産として玉手箱を貰い(Take)地上に戻る(Return)。玉手箱を開けてしまった浦島太郎はおじいさんの姿になる(Change)。

天空の城ラピュタのストーリーサークル

ウィキペディアに書かれているストーリーを引用しつつ、書いていきます。画像は映画予告から。

注意
これ以降、天空の城ラピュタのネタバレあり。

1. YOU

少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ飛行船に乗せられていた。彼らの狙いはシータが亡き母から受け継いだ、謎の青い石だった。そこへその石を同じく狙う空中海賊ドーラ一家の襲撃があり、逃げようとしたシータは誤って飛行船から落ちる。シータは石が放つ不思議な光に包まれて気を失いながらゆっくりと落ちて行き、鉱山で働く少年パズーに助けられる。

光る石を持つ不思議な少女シータと鉱山労働者のパズーが主人公。シータが降りてくる所は引きがあって印象的なシーンになってます。映画のポスターでもここのショットが使われていたようですね。

2. NEED

ラピュタは空に浮かぶという伝説の城だが、今は亡きパズーの父はラピュタを見ており、ラピュタへ行くのはパズーの夢だった。不思議なことにシータの家には”ラピュタ”という秘密の名前も受け継がれていた。

パズーの家でのシーケンス。
パズーの目的はラピュタへ行くこと。シータの目的は前半はハッキリしませんでしたが、後半になると詩のことを思い出し、滅びの言葉でラピュタを崩壊させることが目的になりました。

3. GO

パズーはシータが追われていることを知り、彼女を守って共に逃げる。ドーラ一家に追われた二人は谷の廃坑に落ちるが、石の力によって再び救われる。石に詳しい老人ポムによればそれは昔ラピュタで作られた飛行石だという。

地上に戻った二人は特務機関に捕まり、軍の要塞へと連行される。
ムスカは紳士的な態度を装い「ラピュタが存在することが平和の脅威になりうる」というまっとうな理由を語りつつ、パズーの命を盾として突きつけて脅迫的に協力を迫り、シータはパズーの身を案じてやむなくそれを受け入れる。牢屋から解放されたパズーと再会したシータはラピュタの探索をあきらめるようにパズーに告げ、失意と共に要塞を去っていくパズーを涙とともに見送った。
ここからカオスに突入していきます。ドーラ一家や軍に追われるシーンから、パズーが要塞を去るシーンまでのシーケンス。主人公達自身の行動というよりも、2人は周囲の行動に巻き込まれる形で行動し、逃避行という一種の冒険を始めます。鉄道の上でのチェイス、炭鉱の地下そして要塞など、行動する場面・舞台が変わっていきます。

4. SEARCH

その夜、愁然としていたシータは昔教わった”困った時のおまじない”を何げなく唱える。彼女は知らなかったが、それはラピュタの封印を解く言葉だった。その言葉によりロボット兵が突如目覚めて暴れ出し、飛行石は空に光を放ってラピュタの位置を指し示す。

一方、ムスカに解放されたパズーはいつの間にか自宅に入り込んでいたドーラ一家に捕まってしまう。シータに裏切られたと思い込みふさぎ込んでいたパズーは、ドーラの叱咤を受けて自分を突き放すような態度を取ったシータの真意に初めて気づき、飛行石を奪うために要塞へ向かうドーラたちに自分も連れて行くように懇願する。
ドーラも、その方がシータが言うことを聞くだろうと考えて同行を許し、ロボット兵の暴走によって混乱する要塞から協力してシータを救い出す。しかし、飛行石はムスカの手に渡り、彼はロボット兵を破壊した軍と共に先んじてラピュタに出発する。パズーとシータもドーラの飛行船に乗せてもらい、後を追う形でラピュタへと向かう。
主に要塞でのシーケンス。
パズーの視点で言うと、自宅から要塞にいるシータを助け出す為の探索が始まります。暴れるロボット兵及び火災が障害となるもドーラ一家と共にシータを救出。シータを助けた後は、さらにラピュタの探索を始めます。2人にとって敵だったBBAが味方になるという胸熱展開です。こんな短期間でBBA達が味方になる展開に説得力があるのはBBAの粋なカッコよさ(40秒で支度しな!)や息子達の面白いキャラ、というのが立っているからでしょうか。
ボクの中では、映画やアニメなどの作品のキャラにおいて「」と「犯罪者」がいると思ってるんですね。敵というのはあくまで競合相手で、ライバルと言っても良い。そして犯罪者というのは絶対悪です。ここを取り違えて描くと説得力が無くなる、と思ってます。
ラピュタで言えばライバルはBBA。そして犯罪者はムスカです。バットマン・ダークナイトで言えばライバルは地方検事のハービー・デント犯罪者はジョーカーです。
(全然ラピュタと関係ないんですけど上記の意味で、ドラゴンボール超でフリーザがZ戦士入りした展開には未だに納得いっていません。悟空の立場からすると父バーダックを殺し、ライバルのベジータを殺し、親友のクリリンを殺したことのある悪の帝王フリーザがZ戦士?ヤンキーの青春みたいに夕日の沈む中殴り合って分かり合えたからZ戦士??・・・う~ん納得いかへんよなぁ。NARUTOで、大蛇丸が改心して木の葉に何故か受け入れられてるのも・・・。フリーザや大蛇丸には最後まで絶対悪でいて欲しかった。)

5. FIND

だが、ドーラの飛行船は軍に発見され雲間に逃れるも、再度遭遇し攻撃されてしまう。巨大な低気圧の中心「竜の巣」が迫る中、ドーラの命令で見張り台を切り離してグライダーとして使用していたパズーとシータだったが、軍の攻撃により繋いでいたワイヤーが断ち切られ、飛行船とはぐれて「竜の巣」に飲み込まれてしまう。

雷の嵐の中を彷徨うパズーは、目前に現れた青白い父の飛行船の幻影を目撃し、それに導かれるようにラピュタに辿り着く。目覚めた2人は園丁のロボット兵に城内を案内され、穏やかな庭園や水底に沈んだ町の風景を見て、恐怖の帝国と呼ばれたラピュタの平和に包まれた一面を垣間見る。

とうとうラピュタを発見します。ここで目的を果たしエンディング!・・・だと物語として面白くないですよね。このシーケンスは中盤の山場。

今回改めてラピュタを見て、作画頭としてスタッフロールにクレジットされていたのが金田伊功さんだということに気が付きました。他の宮崎映画でも作画頭やってたのは知ってたのですが。んで、確信は無いんですけど竜の巣・ラピュタ突入シーンの一部を描いていたのはおそらく金田伊功さんじゃないでしょうか?稲妻のエフェクトやちょっと違うパズーの顔など、あれを見て「めっちゃ金田っぽい」と思いました。要塞でロボット兵が暴れてるシーンでも、ロボット兵のビームが金田ビームに少し似てたような。違うかも。

6. TAKE

ムスカの本当の狙いとは、ラピュタの力を手に入れて世界を支配することだった。ムスカはシータに自分もラピュタ王の末裔だと明かし、飛行石で城の力を操って、軍の兵隊を皆殺しにする。

ムスカの非道な仕打ちに怒り心頭に欲したシータはムスカから飛行石を奪って逃げ、助けに来たパズーと共に、昔教わった滅びの言葉「バルス」を唱える。すると飛行石が強力な光を発して城は崩壊し、ムスカは瓦礫と共に海へ落ちる。

詩を思い出したシータは滅びの言葉でラピュタを崩壊させる覚悟を決めていました。そしてパズーと共にバルスでラピュタを崩壊させる目的を達成しました。ラピュタが楽園としてではなく破壊的な側面もあるという描かれ方が面白いですよね。その力の恐ろしさを見たシータがラピュタを破壊することに説得力が生まれる。

7. RETURN

パズーとシータはグライダーで城から離れ、フラップターで脱出していたドーラ一家と空で再会して喜び合う。

ラピュタ崩壊に巻き込まれるものの、木の根のおかげで一命をとりとめたパズーとシータは脱出し崩壊を見届けます。そしてBBA達の元へ帰還する。カオスが収束していく。

8. CHANGE

ラピュタを浮遊させていた巨大な飛行石の結晶は、ラピュタ全体を覆っていた大樹の根に囲まれて、城の上層部とともに更に高空へと飛び去っていった。そして二人はドーラ一家と別れ、帰途に着くのだった。

天空の城ラピュタは人が築き上げた人工的な部分がほとんど剥がれ落ち、元の姿に近いと思われる大樹の姿へと変化し上空へ去って行きました。

さいごに

線路上でのチェイスシーン(GO)、ロボット兵の暴走シーン(SEARCH)、ラピュタ突入シーン(FIND)、ラピュタ崩壊シーン(TAKE)。偶然かもしれませんが、カオスに突入して以降、各シーケンスで作画に力が入った見所のあるアクションシーンが1つずつキレイに配置されているように感じます。

ストーリーサークル的には1番キレイで収まりのある作品なんじゃないでしょうか。つまり映画としての完成度が高い。今までは無理やりじゃないのかと言っても良いような解釈でストーリーサークルに当てはめた所があったかもしれません(まるでマルクス史観を日本の歴史に無理やり当てはめようとするかのように)。でも天空の城ラピュタは、そうではない・・・かな。

ボクは子供の頃の記憶があやふやで、子供の時何をしていたのかあんまり覚えていないタチなんです。その自分が小学生くらいの時に幼馴染の家で見たのが天空の城ラピュタでした。おそらく一番初めに見たアニメ映画、ボンヤリと記憶として残っているのがこの作品なんで少し思い入れがあります。天空の城ラピュタは映画興行的には上手くはいかなかったようです。にもかかわらずこのビデオを持っていたということは、幼馴染のお父さんは宮崎駿監督のファンだったのかなぁ。そんなことを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です