Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

ストーリーサークルによる物語分析 崖の上のポニョ

アメリカのアニメ、リック・アンド・モーティー (Rick and Morty)の作者である、アメリカ人作家、ダン・ハーモン(Dan Harmon)が提唱している物語構造ツールで、ストーリーサークルというものがあります。

「世の中の面白い物語は、このストーリーサークル的な構造を持っている」という仮説を立てて、物語の構造を分析したいと思います。

ストーリーサークルとはなにか

ストーリーサークルには8つのステップがあります。

秩序とケイオス
1、2そして7、8が日常パート。3、4、5、6が非日常パート。秩序だった日常から始まり、中盤からカオスな状況に突入していく。そして終盤に再び秩序を取り戻していく、という構成。

1.YOU – Establish the patagonist[s]

最初にすべき事は、見るに値すべき主人公を作り上げることです。どういった人物が主人公なのかを確立します。主人公は必ずしも1人というわけではなく、家族だったり、チームの場合もあります。

2.NEED – Something isn’t right

主人公が何を目的に動いているのかの動機づけを行います。どんな物語であれ主人公は目的を持たなければ行動を起こす理由がなくなってしまうからです。例えば人間にはお金や仕事、食事、愛などを欲する本能があります。

3.GO – Crossing the threshold

目的は人に行動を起こさせます。空腹であれば食事を手に入れる。愛に飢えていれば恋人を探しに。必要なものを手に入れるために主人公が行動を始めます。行動を積極的に起こすような活発な主人公や、行動を起こさざるを得ないくらいの目的が求められます。

4.SEARCH – The road  of trials

主人公が目的を達成するために何かを探索します。探しているのは物理的なものだけではありません。そして乗り越えなければならない障害がここで待ち受けていることになります。

5.FIND – Meeting the goddess

主人公は何かを発見します。ここが、主人公が英雄として何かに気づくポイントとなります。しかし良い物語においては、ここでは目的は達成されません。 そううまくはいかないものです。本当に必要だったものかもしれないけども、何か別のさらに重要なものが必要になることが判明するかもしれません。もしくは自分の弱点に気づいたのかもしれません。

6.TAKE – Paying the price

ここで主人公は目的を達成します。金を手に入れて食事にありつけたり、恋人と会えるかもしれません。

7.RETURN- Bring it home

主人公は日常を取り戻し、あるべき場所、あるべき姿へと帰還していきます。

8.CHANGE – Master of both world

様々な変化があります。主人公が変わる場合もあれば、周りの世界が変わることもあります。映画や長編作品の場合であれば両方でしょう。その変化によって世界は良い方向に変わったけども、主人公は最悪の方向に変わることもあります。主人公が何らかの代償を払ったことによって痛みを伴う変化を強いられる場合もあります。でもそれが良い物語を作る肝になります。

おとぎ話を例にした一番シンプルな物語分析
浦島太郎(You)は、いじめられている亀を助ける(Need)。助けたお礼として亀と一緒に龍宮城に行くことになる(Go)。海の中を進み(Search)、龍宮城を発見する(Find)。龍宮城で乙姫とどんちゃん騒ぎをし、お土産として玉手箱を貰い(Take)地上に戻る(Return)。玉手箱を開けてしまった浦島太郎はおじいさんの姿になる(Change)。

崖の上のポニョのストーリーサークル

ウィキペディアに書かれているストーリーを引用しつつ、書いていきます。画像は映画予告から。

注意
これ以降、崖の上のポニョのネタバレあり。

1. YOU

Ponyo_01

魚の女の子ポニョは、海の女神である母と魔法使いの父に育てられている。ある日、家出をして海岸へやってきたポニョは、空き瓶に頭が挟まっていたところを、保育園児の宗介に助けられる。

保育園児の男の子宗介と、魚の女の子ポニョが主人公。宗介は船乗りの息子であること、そしてポニョは魚の女の子であることが、このシーケンスで描かれていることです。
フジモトの船に群がる魚達のシーンから、ポニョが脱出して宗介に助けられるシーンまでの間が、第一の見せ場ポイントですね。

2. NEED

Ponyo_05

宗介は魚のポニョが好きになり、ポニョも宗介が好きになる。

このシーケンスで2人が出会ったことにより目的が発生しました。今風の言い方で書くと「フラグを立てる」に近いかもしれません。
前半はポニョの「人間になる」目的、宗介の「ポニョを守る」目的、そして宗介とポニョの「再び合う」目的を中心に描かれます。ポニョの「再び合う」目的は中間目的で、「人間になる」のが最終目的でしょうか。後半は宗介の「母親リサを探しに行く」目的が加わり、それを中心に描かれます。

3. GO

Ponyo_02

ところが、ポニョがいなくなったことに気づいた父に追いかけられて捕まり、ポニョは海底に連れ戻されてしまう。ポニョの父は、海底にある家の井戸に、”命の水”を蓄えていた。その井戸が一杯になると、忌まわしき人間の時代が終わり、再び海の時代が始まるのだという。ポニョは、宗介に会うために家から逃げ出そうとして、偶然に、その井戸へ海水を注ぎ込んでしまう。すると命の水はポニョの周りに溢れ出し、ポニョは人間の姿へと変わる。

ここからカオスに突入していきます。人間になりたいという目的がポニョを突き動かし、周りを巻き込んで行動を起こします。
ポニョが人間に変身しようとするシーン、家の中の井戸に海水が入るシーン、ポニョと妹たちが変身し家を脱出するシーン。この一連の流れが第二の見せ場ポイントかな。

4. SEARCH

強い魔力を得た彼女は激しい嵐を呼び起こし、津波に乗りながら宗介の前に現れ・・・

ポニョは人間になろうとするものの、フジモトに人間化を抑えられます。邪魔をするフジモトの存在がポニョにとっての障害と言って良いかもしれません。ただ一度人間化を抑えられたものの、その後は全く意に介しませんでしたが。一方ポニョが魔法で巻き起こした波と嵐が宗介とリサにとっての乗り越えるべき大きな障害となりました。
第三の見せ場ポイントは、このポニョが波に乗って宗介に迫ってくる所でしょう。
ポニョは宗介の元へ行くためにこのシーケンスで探索をはじめましたが、結構あっさりと見つかりましたね。
普通であれば嵐が迫っていると車の運転はしません。しかし巨大な波が押し寄せてくる所をリサが無茶をして家へ帰ろうとします。波をもろともせず爆走していました。走る車に乗った宗介を波乗りポニョが追いかける画を作る為にリサに車を走らせる必要があったわけです。ここでリサの気が強い性格という設定が生かされている。まあ、そう解釈することも出来ます。

5. FIND

Ponyo_21

・・・宗介に飛びついて抱きしめる。宗介は、女の子の正体が魚のポニョであるとすぐに気づいて、彼女が訪れたことを嬉しがる。

一方、ポニョの父は、”ポニョが世界に大穴を開けた”と言って、このままでは世界が破滅すると慌て出す。しかし、ポニョの母は、ポニョを人間にしてしまえば良いのだと夫に提案する。古い魔法を使えば、ポニョを人間にして、魔法を失わせることができるのだ。だが、それには宗介の気持ちが揺らがないことが条件だった。さもなくば、ポニョは泡になってしまうという。

嵐が落ちつくと、宗介の母は、彼女が勤めている老人ホームの様子を見に出かけていく。

家の前に到着したリサと宗介。ポニョもやっと宗介の元へ辿り着きました。ここで宗介が、女の子がポニョであることを発見します。双方の目的が一旦達成され、物語を通しての中間目標がクリアされたことになります。

そしてここでポニョが完全な人間になるための条件がここで明らかになりました。

6. TAKE

Ponyo_25

翌朝、ポニョと宗介が母の後を追うと、途中でポニョは眠り出し、魚の姿に戻ってしまう。

そこへやってきたポニョの父が、二人を海底に沈んでいる老人ホームまで連れて行くと、そこには宗介の母とポニョの母が待っていた。
リサが老人ホームへ行ったものの帰ってこない。そこで宗介とポニョはリサの元へ行く目的が生まれ、探索を始めました。この冒険が終盤の大きなヤマです。フジモトの邪魔?が入りつつも何とか2人は老人ホームに辿り着き、ある種の試練を達成することが出来ました。
フジモトの魔法が宗介とトキさんを襲うシーンが第四の見せ場ポイントかな。見せ場ポイントはボクの完全な主観なので適当です。ポニョのお母さんが現れる所とかも良かったしなあ。

7. RETURN

Ponyo_10

ポニョの母は、宗介が心からポニョを好きなことと、ポニョが魔法を捨てても人間になりたいことを確かめて、ポニョを人間にする魔法をかける。

2人の絆を確認したポニョのお母さんは、半魚人が人間になる魔法をポニョにかけます。するとポニョの魔法が無くなり騒ぎは収まりました。宗介とポニョを含め老人ホームにいた人たちが地上に帰還します。
カオスが収束していき、日常に戻っていく。

8. CHANGE

Ponyo_20

ポニョと宗介が陸に戻り、キスをすると、ポニョの姿は5歳の女の子に変わるのだった。

魔法のおかげでポニョが完全な人間に変化することが出来ました。ついでに車椅子に乗っていたお婆さん達が元気になったり周囲の変化も起こっています。

さいごに

ウィキペディアを見てみると「崖の上のポニョは起承転結が明確になっていない・・・」と書いていました。しかし映画そのもののフォーマット、ストーリーサークル的な構造は大きく崩していないことが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です