Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

ストーリーサークルによる物語分析 君の名は。

アメリカのアニメ、リック・アンド・モーティー (Rick and Morty)の作者である、アメリカ人作家、ダン・ハーモン(Dan Harmon)が提唱している物語構造ツールで、ストーリーサークルというものがあります。

「世の中の面白い物語も、このストーリーサークル的な構造を持っている」という仮説を立てて、物語の構造を分析したいと思います。

ストーリーサークルとはなにか

ストーリーサークルには8つのステップがあります。

秩序とケイオス
1、2そして7、8が日常パート。3、4、5、6が非日常パート。秩序だった日常から始まり、中盤からカオスな状況に突入していく。そして終盤に再び秩序を取り戻していく、という構成。

1.YOU – Establish the patagonist[s]

最初にすべき事は、見るに値すべき主人公を作り上げることです。どういった人物が主人公なのかを確立します。主人公は必ずしも1人というわけではなく、家族だったり、チームの場合もあります。

2.NEED – Something isn’t right

主人公が何を目的に動いているのかの動機づけを行います。どんな物語であれ主人公は目的を持たなければ行動を起こす理由がなくなってしまうからです。例えば人間にはお金や仕事、食事、愛などを欲する本能があります。

3.GO – Crossing the threshold

目的は人に行動を起こさせます。空腹であれば食事を手に入れる。愛に飢えていれば恋人を探しに。必要なものを手に入れるために主人公が行動を始めます。行動を積極的に起こすような活発な主人公や、行動を起こさざるを得ないくらいの目的が求められます。

4.SEARCH – The road  of trials

主人公が目的を達成するために何かを探索します。探しているのは物理的なものだけではありません。そして乗り越えなければならない障害がここで待ち受けていることになります。

5.FIND – Meeting the goddess

主人公は何かを発見します。ここが、主人公が英雄として何かに気づくポイントとなります。しかし良い物語においては、ここでは目的は達成されません。 そううまくはいかないものです。本当に必要だったものかもしれないけども、何か別のさらに重要なものが必要になることが判明するかもしれません。もしくは自分の弱点に気づいたのかもしれません。

6.TAKE – Paying the price

ここで主人公は目的を達成します。金を手に入れて食事にありつけたり、恋人と会えるかもしれません。

7.RETURN- Bring it home

主人公は日常を取り戻し、あるべき場所、あるべき姿へと帰路に着きます。

8.CHANGE – Master of both world

様々な変化があります。主人公が変わる場合もあれば、周りの世界が変わることもあります。映画や長編作品の場合であれば両方でしょう。その変化によって世界は良い方向に変わったけども、主人公は最悪の方向に変わることもあります。主人公が何らかの代償を払ったことによって痛みを伴う変化を強いられる場合もあります。でもそれが良い物語を作る肝になります。

おとぎ話を例にした一番シンプルな物語分析
浦島太郎(You)は、いじめられている亀を助ける(Need)。助けたお礼として亀と一緒に龍宮城に行くことになる(Go)。海の中を進み(Search)、龍宮城を発見する(Find)。龍宮城で乙姫とどんちゃん騒ぎをし、お土産として玉手箱を貰い(Take)地上に戻る(Return)。玉手箱を開けてしまった浦島太郎はおじいさんの姿になる(Change)。

君の名は。のストーリーサークル

ウィキペディアに書かれているストーリーを引用しつつ、書いていきます。画像は映画予告から。

注意
これ以降、君の名は。のネタバレあり

1. YOU

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。
入れ替わりが起こっている男女2人が主人公です。入れ替わりに戸惑っている2人を丁寧に描きつつ、お互いがどういう境遇に置かれているのかがだんだんと明らかになっていきます。

2. NEED

三葉は田舎暮らしや濃厚な人間関係に嫌気が差し、ヤケになりながら東京のイケメン男子に生まれ変わりたいと叫んでいました。三葉の目的は序盤でハッキリと明示されていたものの、瀧君の目的は序盤ではよくわかりませんでした。しいて言うなら奥寺先輩と仲良くなりたい、でしょうか?その目的も入れ替わった三葉が引き継いでいたように思います。

 

中盤は瀧君が三葉に会いに行くということが物語の核心的な目的になります。視聴者は瀧君と同じ目線になって三葉がいなくなった謎を追っていきます。さらに 後半になると 時間差があるものの2人ともがお互いに会いに行く、ということが主な目的としてありつつ、彗星の被害から町を救うという2人の共通の目的も遂行していくことになります。

3. GO

「入れ替わり」が起きたことと周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い不定期の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。
定期的に入れ替わりが起こるというカオスに突入していきます。三葉は憧れだった東京での都会暮らしを満喫し、瀧君は女子高生のおっぱいを揉むという思春期らしい生活を送っていました。後に暗転する展開との対比で、テンポのいい映像とポップな音楽で(ダサい言い回し)、この物語における陽気さを、ここのパートが引き受けています。

4. SEARCH

その入れ替わりは突然途絶え、なんの音沙汰も無くなってしまった三葉を心配した瀧は、記憶をもとに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに飛騨へ向かう。瀧の様子を不審に思い、心配していた友人・藤井司とバイト先の先輩・奥寺ミキもそれに同行する。
物語のカオスさがどんどん深まっていきます。三葉との入れ替わりが無くなる為、これ以降中盤の主人公は瀧君が中心となり三葉のことや入れ替わりに関する秘密を探索していくことになります。

5. FIND

しかし、ようやく辿り着いた糸守町は、3年前に隕石が直撃したことで消滅しており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

瀧は、以前三葉と入れ替わっている時に口噛み酒を奉納した記憶を思い出し、宮水神社の御神体へと一人で向かう。そしてその御神体が実在していたことで「入れ替わり」が自分の妄想ではなく、2人の入れ替わりには3年の時間のズレがあったことを確信する。

その途中で、瀧は当時中学生だった3年前、見知らぬ女子高生に声を掛けられたことを思い出す。その女子は、瀧に会うためにはるばる東京へやって来た、三葉であった。三葉の自分に対する想いに初めて気づいた瀧は、涙を流しながらも、山を登り続ける。

このあたりのステージでは瀧君が探索を繰り返し

「すでに三葉は死亡していること、2人の入れ替わりには3年のズレがあること、三葉のことが好きなこと」という主に3つのことを発見します。

やはりここでも瀧君が中心であり、記憶の中の三葉だけが登場しています。瀧君の目線に立った視聴者にとっては辛い状況が続いていきます。

6. TAKE

山の頂上に辿り着いた瀧は、三葉の名前を叫びながら、御神体の外縁を走り回る。2人が生きている世界には3年の時間差があったため、時を超えて聞こえる声を頼りに互いの姿を探すも、声だけで姿は見えなかった。しかし黄昏が訪れると互いの姿が見え、入れ替わりが元に戻り、初めて2人は時を超えて、直接会話することができた。
カタワレ時の終盤、瀧は互いの名前を忘れないようにするため、三葉の手のひらに自分の名前を記す。しかし三葉が瀧の手のひらに文字を書き入れようとした瞬間、カタワレ時は終わってしまい、2人はそれぞれ元いた世界へ引き離されてしまう。
ここで再び2人が交わります。瀧君と三葉の目的であった「会う」ということが達成されました。これまでは瀧君の話が中心、この後は三葉が中心の話になるので、ここで出番の交代と引き継ぎが行われたと解釈できます。

7. RETURN

三葉は、瀧から住民を助ける計画を引き継ぎ下山するが、避難は進まない。改めて父親を説得するために町役場へ向かう三葉だったが、途中の坂で転倒してしまい、心が折れそうになってしまう。いつの間にか瀧の名前を忘れてしまっていた三葉は、名前を思い出すために、ふと手のひらを見る。だがそこに記されていたのは名前ではなく、瀧からの「想い」だった。その言葉に励まされた三葉は前を向いて、再び町役場へと走り出す。そしてその後、ティアマト彗星の破片が糸守町に落下する。
最後の入れ替わりが終わり瀧君も三葉も元の世界線、元の身体に戻っていきます。ここでは三葉が中心に描かれ、彗星落下と町の被害の行方がどうなっていくのかが大きなポイントになります。個人的には、父親に対する三葉の説得がどうして上手くいったのかが映画を見ているだけでは少し分かりづらかったように思いました。小説ではどうなんだろう?

8. CHANGE

月日は流れ、瀧が「入れ替わり」という不思議な出来事に遭ってから5年後、偶然にも住民が避難訓練をしており、奇跡的に死者が一人も出なかった糸守町への隕石衝突から、8年後へと舞台は移る。瀧は就活の毎日、三葉たちは東京で暮らしていた。たまに町中でお互いの気配を感じることはあったが、もはや入れ替わりのことは忘れており、ただ「漠然と『誰か』を探している」という、切実な思いだけが残っていた。
さらに月日が流れたある春の日、たまたま並走する別々の電車の車窓からお互いを見つけた2人は、それぞれ次の駅で降り、お互いの下車駅に向かって走り出す。ようやく住宅地の神社の階段で再会した三葉と瀧は、涙を流しながら互いの名前を尋ねた。
入れ替わった2人の活躍によって町の壊滅と住人全滅という運命に変化が起こり、三葉生存ルートを世界は辿ることになりました。本来であれば三葉を含め町の住人は死亡していたのですが、主人公と世界、両方に変化が起こったことになります。

さいごに

前回の鋼の錬金術師と違い、映画なのでわりときれいにストーリーサークルに収めることが出来たと思います。ということは映画としての完成度の高さを表しているのかなぁと。この映画は2回見ただけなので、うろ覚えで変なところもあったかもしれません。あと映画の尺だとやっぱ分析がしやすいなぁと思いました。この調子で、もう少し数をこなしたら精度が上がってくるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です