Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

アニメーター別で見るドラゴンボール 前田実 その弐

Dragonball_01

アニメーター、作画監督別にみる作画・アニメーションの違いを書いていきます。

前回の記事はこちらです。

Dragonball_01 アニメーター別で見るドラゴンボール 前田実 その壱

アニメーション

アラレちゃんがブルー将軍と全力でプロレスごっこするシーン

アラレちゃんがブルー将軍をフルボッコするシーン01

アラレちゃんがブルー将軍をフルボッコするシーン02

・ドラゴンボールにアラレちゃんが出てくるシーンを改めて見たら、作画が良かった
・記憶が確かじゃないんですが、おそらく前田さんが作画監督です
・確か中鶴さんや佐藤さんもアニメーターで名を連ねていたと思います
・ブルー将軍って原作でもこんなにボコボコにされてたっけ?

悟空がパンチで岩を破壊するシーン

悟空がパンチで岩を破壊するシーン01
・アップのシーンでは左腕だけ別レイヤーで描かれていますね
・攻撃の瞬間は、顔のアップ→踏み込んだ脚→岩への攻撃、と流れるように一瞬で描かれていて気持ちのいいアクションになっています

悟空がパンチで岩を破壊するシーン02

・実はちょっと似たようなシーンが人造人間編でもあります
・トランクスが悟空に対して剣撃を与えようとするシーンです
・攻撃の瞬間に、左手で鞘を掴み→右手で剣を握る→踏み込んだ脚→抜刀→そして攻撃、と流れるように描かれています
・この回も前田さんかなぁ?と思ってたんですけど、資料を見てみると作画監督は山室直儀さんでした
・山室さんが上記の悟空のシーンを参考にした可能性がもしかしたらあるかも

悟空と天津飯が着地するシーン

悟空と天津飯が着地するシーン
・体操選手のように着地する作画が滑らかでめっちゃ上手いっすね
・CGならまだしも、手描きでこの動きを出そうとするのは難しいと思いますよ

悟空と天津飯が戦うシーン


・さすが前田監督というだけあって、天津飯が着地してからの突進部分は前回の記事に書いた悟空の動きとほとんど同じですね

・そして特筆すべきは、天津飯の突進を横への回転ジャンプで避ける部分
・一度等速で見せた後に、スローモーションでもう一度見せていますね
・ボクの考えでは、天津飯がその動きを見切っているという演出なのではないでしょうか
・実際に天津飯は悟空の回避行動に即座に反応して、悟空の背後を取っています

・もしくは、このように動いたら回避出来るな、という悟空の頭の中の予測を一回見せて、その後に実際の動きを見せているのかもしれません
・さっきと正反対の考えで申し訳ないですが、回避中の悟空の目の動きが天津飯を捉え続けているのを見て、そういう考えも出てきました

・そして背後を取った天津飯と悟空の動きもスローモーションになっています
・これは悟空の姿は残像拳だった、という布石の為ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です