Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

東映特撮の話をしよう 仮面ライダーカブト No.1

東映特撮

東映特撮の作品、主に仮面ライダーのアクションについて書きます。

仮面ライダーカブトの特徴

仮面ライダーカブトの主人公は俺様キャラであります。ですのでアクションに関しても俺様感バリバリです。カブトは他の仮面ライダーと違って基本的にカウンター主体の攻撃を行います。ノーガードで敵の攻撃を交わしつつカウンターで攻撃を当てていくスタイルです。歴代のライダーの中でもかなり異質なアクションなのですが、めちゃっくちゃカッコいいんですよね。

アクション

仮面ライダーカブトがキャストオフするシーン

仮面ライダーカブトがキャストオフするシーン

・このシーンで注目する所は、最初にカブト後方から正面へカメラが移動する所
このカメラワークは東映特撮では頻繁に出てくるカメラワークです
・キャラクターがこれから何かをするぞ!っていう予感を感じさせるカメラワークですね
・それからカメラがググッとカブトの顔に寄っていくカメラワーク
・これも上記と似たような効果があります

仮面ライダーカブトがライダーキックを決めた後のシーン

 

仮面ライダーカブトがライダーキックを決めた後のシーン

・キャラの周りを回るカメラワークです
・カブトではそもそもオープニングで、キャラの周りを回り込むカメラワークが印象的です
・このシーンでは移動する船の上のキャラを望遠レンズで撮影している、ということでちょっと変則的ですが
・カットを割りつつ少しずつキャラへ寄っていくカメラ
・アニメでもたまにみるカメラワークです

仮面ライダーカブトがライダーキックを放つシーン

仮面ライダーカブトがライダーキックを放つシーン

・カブトがさらに異質なのはライダーキックが回し蹴りだということです
・後々飛び蹴りのライダーキックも使うんですけど、カウンター主体ということから回し蹴りライダーキックに説得力があります
・ベルトのエネルギーが角を経由して右脚に行きライダーキック
・カメラが揺れる
・爆煙の中から現れ、天の道を征くポーズをする姿がカッコいい

仮面ライダーカブトがクロックアップするシーン

仮面ライダーカブトがクロックアップするシーン

・カブトがクロックアップで高速移動するというコンセプトを決めた時から、監督はこの表現をしたかったんだと思う。知らんけど
・CG代で予算の殆どがキャストオフしてしまったという有名なシーンですね
・でもそのおかげもあって、よく出来たVFXになってます

仮面ライダーカブトが太陽を背にするシーン

仮面ライダーカブトが太陽を背にするシーン01

・序盤のカブトでは太陽を背にするというシーンがいくつかありました
・ここではライダーキックを決めた後の決めポーズですね

仮面ライダーカブトが太陽を背にするシーン02

仮面ライダーカブトが太陽を背にするシーン03

・ここでは夕日をバックにしてカブトとザビーが決闘しています
・キャラの影だけを映す、というのは時代劇でもある演出ですね
・というか時代劇や西部劇を参考にしてこのシーンを作っているのかな?
・そのへんはあまり詳しくない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です