Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

アニメーター別で見るドラゴンボール 山室直儀 その壱

Dragonball_01

アニメーター、作画監督別にみる作画・アニメーションの違いを書いていきます。

東映アニメーションでは映画会社の東映を母体としているのでTVアニメでも各エピソードは演出家の作品であるという映画屋的な文化があったようです(今は知らんけど)。このように見せ方は作画監督だけの力ではなく演出家の力も大きいということは覚えておいてください。

1.山室直儀さんって?

確かドラゴンボール初期の頃は若手のアニメーターとして進藤満男さんの元で活躍してたと思います。ナメック星編あたりから「あっ、これは山室さんやな」みたいに分かりやすく上手い作画が増えました。資料を見てると、総作画監督山室直儀さんで作画監督石川晋吾さんというパターンもありますね。ドラゴンボール超でも総作画監督みたいな役職でしたよね。すごい。

2.特徴

山室さんの画の特徴はとにかくめっちゃくちゃ上手い。本当に上手い。立体的に正確で影の入れ方もカッチョいい。高いレベルですごい水準の作画です。ドラゴンボールの神作画みたいにまとめられてる動画でも山室さんの作画が多いです。鳥山先生並の天才。山室さんは当時の鳥山先生の描き方の特徴を捉えて作画に反映させてますね。

アクションに関しては特に大きな癖はないので資料の中から山室さんが作画監督を務めた回を見つけるのは難しいです。一見しただけでは他の上手い作画監督との区別が難しい気がするんすよね。でも安定してずっと上手いので、見てれば何となくですが分かってきますかね。

3.アニメーション

ベジータがセルに向かってグミ撃ちするシーン

ベジータがセルに向かってグミ撃ちするシーン

・グミ撃ちの動きが見ていて気持ちが良い
・光の中から接近してくるセルの影が上手い

ベジータが天下一武道会会場をふっ飛ばすシーン

ベジータが天下一武道会会場をふっ飛ばすシーン

・エネルギー弾を放つ瞬間と爆発の瞬間に白黒が入る
・爆風で武舞台になだれ込んでくる土煙とアイテムの飛び方がリアル
・手前の土煙の色が明るく、奥の土煙の色が暗い。奥行き感
・ゆっくりと顔を上げるベジータの作画やっぱ上手いっすね

悟空とベジータが対峙するシーン

悟空とベジータが対峙するシーン

・気が入った状態の超サイヤ人の作画の特徴としては、光源が後ろにあり顔と身体の正面に影が入ること
・興味深いのが、ベジータの背中が見えるカットでは背中側に影を付けていること
・2号影も使ってクオリティーの高い作画になっている

悟飯が超サイヤ人2に覚醒するシーン

悟飯が超サイヤ人2に覚醒するシーン

・「俺の好きだった自然や動物たちを守ってくれ」という16号の言葉を小鳥で表現している?
・その小鳥を撃ち抜いたセルという表現?とブチ切れた悟飯という表現を合わせてるように思える
・ポケモンフラッシュに注意
・この回の作画監督は資料の上では増永計介さんになっている
・でも画を見ている限りでは山室さんっぽいんですよね
・間違ってたらごめんなさい
・ちなみにこの次の回の作画監督は山室さん

天津飯が新気功砲でセルを足止めしてるシーン

天津飯が新気功砲でセルを足止めしてるシーン

・地面が少しずつ拡大していくのが破壊の凄まじさを表現している
・新気功砲、風と閃光の2つのエフェクト作画がかっこいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です