Wanna see my artworks? Go ahead!

アニメーター別で見るドラゴンボール 島貫正弘 その壱

Dragonball_01

アニメーター、作画監督別にみる作画・アニメーションの違いを書いていきます。

東映アニメーションでは映画会社の東映を母体としているのでTVアニメでも各エピソードは演出家の作品であるという映画屋的な文化があったようです(今は知らんけど)。このように見せ方は作画監督だけの力ではなく演出家の力も大きいということは覚えておいてください。

1.島貫正弘さんって?

ドラゴンボール初期の頃は竹内留吉監督の元でアニメーターをしていたようですが、Zの途中からだんだん島貫さんが作画監督として名を連ねるようになってましたね。この班の中だと久田和也もいてたかな?島貫さん久田さんドラゴンボール超でもお名前を拝見したので、ちょっと興奮しました。ドラゴンボール超は初期の頃は作画がイマイチだったんですけど、ご多分に漏れず島貫回は異常に作画が良くて流石やなぁと思いましたね。

2.特徴

島貫回の絵の特徴としては他の人の描くキャラに比べて顔が縦長っぽいことでしょうか。顔のパーツが中心に寄りぎみとか、首が長めとか。体つきがいかついとか。瞳を小さく描くとか。よく見て比べないと分からないレベルですが。

島貫さんは絵が上手いのは当たり前なんですがアクションの付け方、戦闘シーンの描き方が1番上手いんじゃないか、と個人的には思ってます。迫力がすごくて動きも気持ちが良い。しかし今では禁忌のいわゆるポケモンフラッシュをよく使っているので島貫さんの仕事っぷりを見たい方はご注意を。

あと島貫さんのアクションの付け方って他の東映アニメーターとは違って、ちょっと独特なところがあるんですよね。エフェクトの付け方とかも。言葉では説明しずらいんですけど。何というか、金田系っぽいような、一直線じゃないギュッ!・・ギュギュッ!みたいな動き。それがアクションの気持ちよさを生んでる気がします。

3.アニメーション

悟空がフリーザをボコボコにするシーン

悟空がフリーザをボコボコにするシーン

・攻撃が当たった瞬間、ジリジリと間がある
・その間で細かくカメラの寄りと引きを繰り返し衝撃の重さを表現している
・島貫回ではこの表現がよく使われる
・また最初の悟空が接近する所は、悟空の顔→拳→フリーザの顔
・最後の攻撃では、悟空の顔→振り下ろした両手の拳→全体像
・このように大胆なカット割りが行われている
・こういった表現により迫力とスピード感のある戦闘シーンを構築している

悟空がフリーザを蹴り上げるシーン

悟空がフリーザを蹴り上げるシーン

・高速で動く中、一瞬悟空やフリーザの顔のアップが入る
・おそらく迫力を出す工夫
・蹴り上げられたフリーザが遠ざかるがコマ数が少ない
・それを追撃する悟空の動きが直線的な動きをしていない

フリーザがポルンガの元へと急いで戻るシーン

フリーザがポルンガの元へと急いで戻るシーン

・白黒のパカパカを挟んでいる
・フリーザの動きがやはり直線的な動きをしていない
・手前の波しぶきと奥へ飛ぶフリーザの対比で奥行き感

フリーザの船が地球に襲来したときのシーン

フリーザの船が地球に襲来したときのシーン

・この回もおそらく島貫さんだと思う
・CGもない時代にどうやったらこんなシーンが描けるんだろうかと不思議なくらいまじですごいシーンだと思う
・理解不能
・船体を舐めるようにカメラが移動、コルド大王、フリーザと順に移していく

ベジータが人造人間19号をフルボッコするシーン

ベジータが人造人間19号をフルボッコするシーン

・やっぱり攻撃が当たった瞬間にビクビクとした間がある
・その間で細かくカメラの寄りと引きを繰り返し衝撃の重さを表現している
・19号がふっとばされた後、岩が手前に飛び奥行き感
・そして土煙の広がり方がリアル

悟飯、クリリン、ピッコロがガーリックジュニア達と戦うシーン

悟飯、クリリン、ピッコロがガーリックジュニア達と戦うシーン

・悟飯とクリリンが掴まれた瞬間、ギュギュッとした間がある
・身体をクルクルと回転させるのも島貫回の特徴かもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です