Check out my artworks! (●△●)(●ω●)

アニメーター別で見るドラゴンボール 増永計介 その壱

Dragonball_01

アニメーター、作画監督別にみる作画・アニメーションの違いを書いていきます。

東映アニメーションでは映画会社の東映を母体としているのでTVアニメでも各エピソードは演出家の作品であるという映画屋的な文化があったようです(今は知らんけど)。このように見せ方は作画監督だけの力ではなく演出家の力も大きいということは覚えておいてください。

1.増永計介さんって?

ドラゴンボールZ人造人間編あたりから作画監督として名前を見るようになりました。調べてみても情報がちょっと少ないですねぇ。

2.特徴

増永計介さんの作画はかなり特徴的です。見ただけですぐに分かる。キャラクターの口角がかなり上がり気味だったり、汗が玉のように立体的に描かれていたり、おばけ(CG用語で言うモーションブラー)をよく使うとか。鳥山絵のタッチとは少し離れてるんですがカッコいい作画が多くてボクは好きです。

3.アニメーション

悟空がセルが戦うシーン

悟空がセルが戦うシーン

・線画と土煙が巻き上がる部分だけを見せることで高速移動していることを表現
・演出が巧みだと思う
・こういう表現はいわゆるヤムチャ視点に分類されるかもしれないけどかっこよく表現されている
・殴り合いもヌルヌル動いている
・殴り合いの合間に土煙が舞い上がる表現、高速で動く武舞台、着地の手の動きなどを挟むことで単調な戦闘シーンになっていない
・ヤバイ

悟空とセルが空中で戦うシーン

悟空とセルが空中で戦うシーン

・衝撃がぶつかり合うエフェクト
・空というかカメラを動かし回転させることで迫力を出している
・奥から手前に飛んでくる悟空の回転キックがヌルヌル動く
・ダメージを食らった瞬間に汗や黒いパーティクルが跳ねる
・黒いパーティクルが跳ねるのも増永監督の特徴かもしれない

連続エネルギー弾を撃ち合うシーン

連続エネルギー弾を撃ち合うシーン

・エネルギー弾の軌道がかっこいい
・エネルギー弾を放つたびに白黒が入るのでポケモンフラッシュ気味
・でもかっこいいっすね

ビーデルがバスジャック犯をフルボッコするシーン

ビーデルがバスジャック犯をフルボッコするシーン

・昭和的なコミカルな喧嘩シーンもかっこよく可愛く描かれてますね
・小さな煙の塊が可愛い
・ビーデルさんの連続パンチの時にモーションブラーが入ってる

悟空があの世で修行してるシーン

悟空があの世で修行してるシーン

・カメラは固定
・若干変則的なタイミング
・アップも使って迫力を出している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です